2017年7月15日土曜日

土曜練 ban-k

土曜練。

本日はロードではなく、MTB。

MTBに乗るのはいつも大体ロードシーズンが終わってから。

MTBでも十分に心拍を上げるトレーニングが出来るんですが。

やはり距離も大事になってきますので。

レースシーズンは乗る機会が少ないのです。

今シーズンは、先日のニセコクラシックで100km超えのレースがなくなるので、練習に取り入れてみた。わけです。

ってゆうか、こないだ行って超面白かったので、大至急また行きたくなっていた。です。

で、ban-kへ。




場所は盤渓スキー場。使用料は2,000円。

2,000円で1日遊べます。

コースはファミリーコースとアドベンチャーコース。

ファミリーだからといって見くびらないように。

オフロード経験のない人にはアドベンチャーに感じるでしょう。

まずはしっかりファミリーで自分がバイクの何処に乗っているのか感じましょう。

それからアドベンチャーコースへGoです。

無理は禁物。転んで怪我してしまっては元も子もないのでヤバいと思ったら押して降りましょう。

恥ずかしい事ではありません。

そこで悔しかったら、ガンガン通ってガンガン練習です。

周りにいる格好いいと思える人の真似して練習あるのみ。

思い切って、声をかけてみて教えを乞う。

これもアリです。その時に聞く姿勢をしっかり見せる事。

これ、大事です。 リスペクトしてる感を出しましょう。

そこから人との繋がりが出来て来る場合もあります。

ワタシがスケーターだった頃はそんな感じです。

後は、周りがうまい人だらけに見えても萎縮しない事!!

これも超大事。

最初はみんなヘタだった。

聞かれると、人は嬉しいものです。まして、自分も出来ないときの経験がありますから、教え方にも説得力があるはずです。

そこで素っ気ない態度を取られても凹まない。

また別の格好いい人を探しましょう。

一番手っ取り早いのはこのコースの管理人の金子さんに質問攻めです。

的確なアドバイスをくれるはず。

あ、レンタルバイク、レンタルヘルメットもあるので、体一つで行くのもアリです。

なんせ中央区、札幌市内の大体の方が車で片道30~40分で行ける場所です。

専用コースは貴重な存在です。

MTB買ったはいいけど何処で乗ったらいいの?

やってみたいけど乗る場所が。。。

そんな声にお応え出来る場所が市内にあるんです!

絶対行った方がいいですよ。

今日は結婚式もしてましたね。



おめでとうございます! 

誰か知らんけど。

全然関係ないけど、ちょっと待ったーーー!!!!

は、出来ませんでした。

MTBライダーの印象が物凄く悪くなるので。。。

百聞は一見にしかず。

是非是非ご賞味あれ。


2017年7月13日木曜日

ニセコクラシック2017

去年とは真逆の天気。

全国から強豪アマチュアトップレーサーが今年は集結。

ハイレベルな戦いになるのはスタートリストを見れば一目瞭然。

ワタシがそこに絡むわけではないですが。

何処まで耐えられるか?

先週から引きずっているメンタルの弱さが出ないか?

出来れば4時間20分前半で帰ってきたい!

パレードの時点で徐々にポジションを下げてしまい。

リアルスタート後10km位? で、早々に千切れ。

出ましたメンタル。。。

苦しくてもなるべく付いて行こうといつも思っているのに。

今回は超弱気になってしまい。

この暑さで無理して走り切れるのか? と。

で、完走出来るペースに変更。

なんだかんだ集団に拾われながら。

流石に無理せず走っているので約100km以降に現れる登坂もそれなりにイケる。

この暑さでゾンビ者多数。

自分はペースを抑えてゴールまでの距離を考えながら走っているので、そこそこ抜く。

で、ゴール。4時40分位。

残念過ぎるタイム。

暑さと足攣りにビビりチキンな走り方。

レースに出るならイケる所まで突っ込むべきなのに。

自分が一番ダサいと思う走り方をしてしまう。

人より速くゴールする目的なのに完走する事をターゲットにしてしまいました。

猛省中です。

さ、また鍛え直そう。。。