2017年6月21日水曜日

豊羽鉱山ロードレース

初開催の豊羽鉱山。

前日に試走に行きかなりビビる。

砂が浮いてる所が何ヵ所かあり、法面の工事で片側交互通行区間もあり。

片交区間はレース当日も幅狭し!

下り→180°ターン→登り→180°ターンな超キツいコース。

試走した感じでは、砂が結構怖いのとUターン後のインターバルがかかる場面で何処まで耐えられるか?

CMJからはs4稲葉さん、s3拳君、田中さん、エリートワタシ。そして補給地点&応援隊長に白井さん!!

まずは稲葉さん、10位! いい感じです。
横で落車があったようで巻き込まれなくて良かった。

s4のレースはウォームアップ中で応援行けず。

s3は。


3位と6位入賞!! おめでとうございます!

s2、Jと混走でゴール時の順位がいまいち分からなかったですが、やってくれました!

3人とも白井さんの応援で頑張れたようです!

さて、いよいよワタシ。

先頭にラップされる前にタイムギャップ20分で降ろすよと。  マジか。。。

予想ではスタート後の下りは安全にゆっくり目に。折り返してからは8km登るし、8周もあるのでペースは緩めかと。

いざスタートするといきなりハイペース。砂なんて気にする余裕もなく、ガチャ漕ぎでコーナー突っ込む。

ヤバい。速すぎ。中切れ。

からのUターン後のインターバル。 

もう全然お話しになりません。

先頭タイムギャップ10分、3周回終了時点で降ろされました。 あれ?10分? 20分じゃなかったっけ?

せっかく、白井さんに来てもらってるのに申し訳ない。

すいませんm(__)m

完走は80人強出走の中で12名の超絶サバイバルレース。

さ、切り替えてまた頑張ります!



2017年6月16日金曜日

TSS。

一難去ってまた一難。

痛めた腰もボチボチ良くなり。

そろそろ復活の狼煙!!

のはずが。

事件発生。

火曜日、作業中に。

自分の不注意で。とゆうか、こんなこと初めてですが。

工具で股間を痛めつけてしまいました。

あまりの痛さにやや暫く動けず。

まだジンジンヒリヒリ痛むけどまた作業。

あー。痛かった。で、トイレへ。

衝撃です。

皮剥けて出血してます。。。

あんなんで血出るんかーーい。

と一人で突っ込みましたが。

血を見るとなお痛い。

風呂もしみるしみる。

で、水曜練。

豊羽前だし、距離乗りたかったので一人で支笏湖でも行こうと思ったら。

友光君から練習のお誘い。

折角なので捕獲されてみることに。

トライアスロンの沢田愛里選手もご一緒のようで。

西野、小林峠界隈で坂練習。

距離は稼げなかったけど、いい負荷かけられました。

ありがとうございます。

で、問題は。

痛めた股間がペダリングのたびに痛い。

まずい。これはまずい。

二人には黙ってましたが。女性だし。。。

坂中心の練習でAvケイデンス75位。

時間が約3時間半。

メーターのTSS(トレーニング・ストレス・スコア)は300ちょいですが。

もう1つのTSS(チンコ・ストレス・スコア)は。

計算します。

3時間半なので210分×Avケイデンス75

TSS15750

やべーっす。

豊羽、完走出来るんだろうか。。。